ないものはない!お買い物なら楽天市場
★レスポートサックブランド店 リチャード★

禁煙の決め手

「うつ」タバコ依存症

タバコからの開放 うつからの開放

依存症
動物実験などの知見から、ニコチンは明らかな依存性を持つことが知られている。ニコチンは、神経伝達物質であるアセチルコリンに分子構造が類似し、ニコチン性アセチルコリン受容体(レセプターとも)に作用することで、中枢神経のドパミン神経系、特に脳内報酬系を活性化する。

そのため、摂取後に一時的に快の感覚や覚醒作用を得られる。このような報酬系を介した薬理作用は、覚醒剤など依存性を有する他の薬物と共通である。

ニコチン摂取を続けると、ニコチン受容体がダウンレギュレーション(受容体の数が減ること)を起こし、ニコチンを外部から摂取しないと神経伝達が低下した状態となる。

これがニコチン離脱症状であり、自覚的にはニコチンへの渇望が生じる。喫煙に対して依存性を示す者は「喫煙でリラックスできる」と表現するが、実際は離脱症状を喫煙によって一時的に緩和しているに過ぎない。


禁断症状は心理的な領域にありました。

でも意志の力ではありません

依存症を脱出する、健康法のひとつです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
禁煙の禁断症状
禁煙の禁断症状とは?禁断症状を回避する方法についても紹介
ブログ名禁煙ブログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。